音楽中心つれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドビュッシーが見たミンストレルとは?

<<   作成日時 : 2013/02/04 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ドビュッシーの前奏曲集第1巻の中に「ミンストレル」という曲があります。

イギリスのイーストボーンでミンストレル・ショーを見て、その印象を曲にしたようです。

そもそも、ミンストレルとは中世ヨーロッパで活躍した職業芸人たちのことをさします。また、吟遊詩人のこともこう呼びます。

ただし、ドビュッシーの見たものは、当時アメリカで大流行していたもの。
各地の劇場などを渡り歩いて、歌やダンス、寸劇などをみせる道化師をミンストレルと呼んでいました。

道化師というと顔を白塗りですが、ミンストレルショーに出ている芸人は皆顔を黒塗りにしていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドビュッシーが見たミンストレルとは? 音楽中心つれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる