音楽中心つれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月16日(日)佐久市交流文化館浅科においてピアノリサイタル『バッハとメンデルスゾーン』を行います。

<<   作成日時 : 2014/01/12 14:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

3月16日(日)午後3時より、佐久市交流文化館浅科において、ピアノリサイタル『バッハとメンデルスゾーン』を行います。
音楽の父と呼ばれるバッハと、その復興に尽力したメンデルスゾーンの音楽でプログラムを作りました。
皆様のお越しを心からお待ちしております。

チケットのお求めは・・・0267−58−3304(佐久市交流文化館浅科)


J.S.バッハは私達ピアニスト、ピアノ教師にとって、学生の間に必ず勉強する作曲家の一人です。それも、結構長い期間・・・なのです。その割にはあまりピアノリサイタル・プログラムの中心に据えることが少ない作曲家でもあります。

理由は様々あると思いますが、その一つに、現在私たちが使っている楽器であるピアノ(正式:ピアノ・フォルテ)とは違う楽器のために作曲されているから、と言うものがあります。当時、バッハが良く使っていた鍵盤楽器は、チェンバロやパイプオルガンでした。音色も、奏法も異なるところがあります。その曲をピアノと言う楽器で如何に演奏するかは、ピアニストによって、様々な考えがあります。・・・難しいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月16日(日)佐久市交流文化館浅科においてピアノリサイタル『バッハとメンデルスゾーン』を行います。 音楽中心つれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる